本文へ移動

平成29年4月新PET/CT装置稼動

 当センターでは、平成19年3月、サイクロトロンとPET/CT装置を導入し、同年4月からこれまで、のべ7700件のPET検査を行って参りました。
 これまで同PET/CT装置で数多の実験・研究を行い、同装置の性能を最大限引き出して検査を行って参りましたが、導入して10年が経過しました。
 当センターでは、安全のため、およびよりよい医療サービスの提供のため、同装置を更新しました。
 
 平成29年4月3日(月)に新装置の稼働を開始しました。
 新PET/CT装置を使いこなし、これまで以上に地域医療に貢献できるよう努めて参る所存です。
新PET/CT装置
新PET/CT装置

新旧PET/CT装置におけるファントム画像比較

新装置の画像
旧装置の画像
新装置画像
旧装置画像
新装置画像
旧装置画像

新PET/CT装置における臨床画像

FDG脳画像
放射性医薬品:18F-FDG 投与量198.1MBq 体重61.3kg 収集時間10分
全身FDG画像
放射性医薬品18F-FDG 投与量243MBq
収集時間3min/bed 体重52.3kg
全身FDG画像
放射性医薬品18F-FDG 投与量316.3MBq
収集時間3min/bed 体重131.6kg
自動車事故対策機構
千葉療護センター
〒261-0012
 千葉県千葉市美浜区
磯辺3丁目30番1号
TEL.043-277-0061
FAX.043-277-2259

自動車事故による、脳損傷で重度の神経症状を後遺した慢性期の患者さんを専門に治療する病院です。

0
0
3
7
8
5
TOPへ戻る