本文へ移動

第50回国際福祉機器展

第50回国際福祉機器展

2023年9月27日~29日に東京ビッグサイトで開催された第50回国際福祉機器展に参加しました。
 
国際福祉機器展に参加し様々な福祉用具について実際に見て、体験する事ができました。今年は四点支柱や走行型リフターについて話を聞く機会が多く持てました。実際にリフターに乗車することで患者視点からの動きに理解が深められ、介助する際の注意点などに気づかされることが多くありました。実際に試乗や動作できるという所に大きな魅力があり、体験してみないとわからない点を説明できる様に整理していきたいと思いました。(理学療法士)
 
会場ではリハビリ機器、入浴関連機器、日常生活支援用品、トイレ用品、車いすやリフトといった移動機器など、多岐にわたる福祉機器が展示されていました。各メーカーのブースでは商品についてより具体的な説明やカタログからは知りえない情報なども得ることができ、大変勉強になりました。当センターでは筋緊張が強く、ベッド上での安楽な肢位を保持するためにはポジショニングが必要ですが、クッションは種類も多いため、実際に触れ、体験できる場は貴重でした。今回得られた情報を他職種とも共有し、今後のリハビリや日常生活、退院支援などに繋げていきたいです。(作業療法士)
 
車椅子や福祉車両等の患者の移動の基盤となる機器や食事に使用する自助具・意思伝達装置を中心に学ばせて頂きました。当センターの患者さんをイメージしながら学ぶことができ、様々な機器を試す良いきっかけとなりました。言語表出の代替手段に繋がるような機器を体験できました。(作業療法士)
自動車事故対策機構
千葉療護センター
〒261-0012
 千葉県千葉市美浜区
磯辺3丁目30番1号
TEL.043-277-0061
FAX.043-277-2259

自動車事故による、脳損傷で重度の神経症状を後遺した慢性期の患者さんを専門に治療する病院です。


1
6
7
5
8
8
TOPへ戻る