本文へ移動

FDG-PET/CT検査の流れ

検査前の準備

  1. 食事、飲水について
    来院時間の4時間前から絶食です。
    飴やガム等も検査に影響しますので食べないでください。
    飲み物は糖分を含まない水・お茶のみ、ご自由にお飲みください。
  2. お薬について
    通常通り水で服用してください。
  3.  糖尿病治療中の患者さんへ
    検査当日は絶食です。
    血糖を下げる飲み薬やインスリン注射は検査当日朝から検査終了まで止めてください。ご不明な点はあらかじめ主治医にご相談ください。
    それ以外のお薬は通常通り水で服用してください。
  4. 運動制限について
    検査前日、及び当日は身体(筋肉)に負担のかかる作業や激しい運動は避けてください。(重い荷物を持つ・ジョギング・ジム・エアロビクス・マッサージ・カラオケなど)

受付・問診・更衣(30分)

問診
受付・問診後に検査着に着替えていただきます。
検査着の下にTシャツなどを着ていただいても結構です。
入れ歯・補聴器・ウィッグ、金属製の装飾品(ネックレス・ピアス)、エレキバンやカイロなどもはずしてください。

採血・FDG注射(10分)

注射
検査では血液中の糖分の影響を強く受けるため血糖値を測定します。その後、検査薬のFDGを注射します。


安静(50分)

安静
検査薬が全身に行き届くまで待機室で安静にしていただきます。
会話もお控えください。
FDGの排泄経路は腎・尿路系のため、その排泄を促す目的で水分を多く摂取していただきます。
撮影前にトイレで排尿を済ませてください。

撮影(20~30分)

撮影
PET/CT装置に横になった状態で、全身(原則、頭頂から大腿上部まで)を撮影します。患者さんの体格・体調などで撮影時間はかわります。

待機(30分)

安静
検査薬の減衰を待つために30分ほどお休みいただきます。

会計・帰宅

会計
会計までご案内します。
検査終了まで3時間程度です。


検査結果は後日、紹介元の医療機関に郵送します。
検査結果は紹介元の主治医からお聞き下さい。


自動車事故対策機構
千葉療護センター
〒261-0012
 千葉県千葉市美浜区
磯辺3丁目30番1号
TEL.043-277-0061
FAX.043-277-2259

自動車事故による、脳損傷で重度の神経症状を後遺した慢性期の患者さんを専門に治療する病院です。


1
5
6
1
6
4
TOPへ戻る