本文へ移動

新型コロナウィルスに関するお知らせ

当センターにおける患者さん、職員の感染状況(随時更新)

 当センターにおきましては、各職員に対し標準予防策の実施など感染予防策を徹底してきたところです。
 さらに、必要に応じて、保健所と協議するのみならず、独自にLAMP法検査、抗原検査等を駆使してより厳しい感染対策を講じております。
 現在まで入院患者さんの感染は発生しておりません。
 引き続き、感染予防策を徹底していくとともに、随時ホームぺージにおいて情報をお知らせしていきます。
 引き続き、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

1.面会禁止緩和のお知らせ(令和3年10月6日更新)

 当センターでは新型コロナウィルス感染防止のため、原則面会禁止とさせていただいておりますが、諸般の状況を鑑み、感染防止策を徹底したうえで、10月6日(水)より面会禁止を緩和していくこととなりました。面会を希望される方は、下記についてご了解ください。

安全に面会していただくために
1) ビニールパーティション越しの面会とし、患者さんへの接触は不可とさせていただきます。
2) 予約制となります。病棟看護師よりお電話いたしますので、その際に予約をお取りください。
3) 面会できる方はご家族に限定し、1回2名まで、時間は15分以内でお願いします
  (この点は厳守して下さるようお願いします)。
4) 1家族あたりの面会頻度は月に2回までとさせていただきます。
5) 面会のために来院された際は、面会簿の他に体調確認のチェックリストを記入していただきます。チェックリストにご記入いただいた内容で面会不可と判断した場合には、面会中止もしくはビニールパーティション越しではなく建物の内側と外側でのガラス越し面会に変更させていただく場合があります。
6) 来院時に受付にて体温測定を行いますが、有熱の場合は面会できません
  (また、自宅で熱があった方も申し出て下さい)。
7) 面会時は必ずマスクを着用していただきます。マスク着用なしでは面会できません。
8) 予約をお取りいただいても、患者さんの体調不良や感染者数増加などの社会情勢変化により中止とさせていただく場合もありますので、予めご了承ください。
9) 来院は二人以内でお願いします。面会される人数も二人以内でお願いします。
10) また、以下の場合も面会できませんのでご理解下さい。
  当てはまる場合は来院されても面会をお断りすることもございますので、予めご了承ください。
・小学生以下のお子さん
・2週間以内にご家族や同居人に新型コロナウィルス感染者やその濃厚接触者がいる方
・自宅で発熱していた方、風邪症状があるなど体調不良の方
・ご家族以外のお見舞いの方

 今後、国内感染状況などに応じてさらに面会制限を緩和していくことを検討しておりますが、現時点では上記の方法で行わせていただきます。
 ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和3年10月6日
自動車事故対策機構 千葉療護センター
 センター長 小林 繁樹


1-2.面会禁止中の対応について(令和3年1月8日更新)

以下については今後も継続いたします。

  1. 電話連絡
    患者さんの状況について、ご家族の希望に応じて1~2週間に1回程度、当センターより連絡させていただいております。
    ※ 直接当センターにお電話でお問合せいただいた場合、個人情報保護の観点からお答えはできません事をご了承ください。
  2. オンライン面会
    LINEアプリのビデオ通話機能を使用した面会です。希望される場合は、病棟師長へご相談ください。
    ・アカウントの登録は、主に連絡をとらせていただいている方のみとさせていただきます。
    ・お時間は1回5分程度とします。
    ・LINEビデオ通話でご面会いただく際は、当センターよりご連絡いたします。
     ご連絡いただいてもお受けできませんので、センターからの連絡をお待ちください。
    ・連絡の頻度は1~2週間に1回程度とさせていただきます。
    ・個人情報保護のため、退院後はご登録のアカウントは消去いたします。
  3. 写真送付
    パーティション越し面会やオンライン面会を利用されない方には、毎月郵送する請求書に患者さんのお写真などを同封します。

2.経過説明について

 ご家族への経過説明につきましては、リハビリテーション総合実施計画書を郵送することにより説明に代えさせていただきます。

3.短期入院をご利用の皆様へ(令和2年6月24日更新)

 新型コロナウイルス感染症拡大により、短期入院の受入を一旦中止せざるを得ない状況でしたが、その後、短期入院の受入を再開したところです。
 今後、新型コロナウイルス感染の動向によって、様々の状況が考えられますが、千葉療護センターとしては、短期入院に対する皆様のご要望にできる限り対応していきたいと考えています。時期によっては受入枠の拡大も行う予定ですので、ホームページや電話等での空き状況をご確認の上、ご利用いただきますようご案内いたします。
 現在のところ、患者さん及び職員において一人の感染者も出さずに経過しておりますが、状況によっては再度、短期入院受入を中止するような事態も起こりうると考えますのでご理解ご協力のほどお願いいたします。

4.現在のリハビリ状況について(令和2年7月10日更新)

 新型コロナウィルスの感染拡大を未然に防ぐために、リハビリ室の使用を中止しておりましたが6月より再開しました。
 病棟ごとのスタッフ配置やリハビリ前後で使用した物品の消毒等の感染対策は継続して行っております。

 リハビリ室の使用に関しては、感染対策として病棟ごとに使用できる日時を決めて行っています。パーテーションで仕切り、2部屋に分けることで1日に多くの患者さんが使えるようにすることや、患者さん同士が一定の距離がとれるようにレイアウトの変更を行い工夫しながら実施しています。

 リハビリ室の使用を再開したことで、空間や器具を使えるようになり内容の幅も広がりました。また、病棟と環境を変えることで集中して取り組むことができる方や気分転換に繋がっている方もいらっしゃいます。

 今後も感染対策に努めながら患者さんのためになるリハビリを続けていきたいと思います。ご心配とは思いますが、よろしく御理解・御協力をお願いします。

リハビリ室写真はこちら

5.ご家族対象 介護学習会中止のお知らせ

今年度開催を予定しておりました看護部主催、ご家族対象介護学習会ですが、

新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、誠に勝手ながら開催を中止させていただくことになりました。

参加をご検討いただいていた皆様には、ご迷惑をおかけすることとなり

大変申し訳ございません。

ご家族への介護指導に関しては、プライマリーナースを中心とした指導を今まで以上に充実し対応して参ります。

なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

6.ご意見、お問い合わせ受付

当センターの新型コロナウィルスに関する対応についてのご意見、お問い合わせは以下からお寄せください。

※患者さんの病状その他に関するご質問はこちらからはお受けできません。
※お問い合わせの際は「個人情報保護方針」をお読みになり、同意のうえご記入ください。
お名前 ※必須
例)千葉 良子
フリガナ ※必須
例)チバ リョウコ
郵便番号 ※必須
例)012-3456
都道府県
市区町村
番地・屋号等
電話番号
例)012-345-6789
FAX番号
例)012-345-6789
メールアドレス ※必須


確認のため再入力
注) 半角英数字のみ
ご希望の返信先
お問い合わせ項目 ※必須
内容 ※必須
自動車事故対策機構
千葉療護センター
〒261-0012
 千葉県千葉市美浜区
磯辺3丁目30番1号
TEL.043-277-0061
FAX.043-277-2259

自動車事故による、脳損傷で重度の神経症状を後遺した慢性期の患者さんを専門に治療する病院です。

0
4
2
1
1
5
TOPへ戻る